ファッションで使われる『最強』について。自分の最強を探そう

ファッションについて

「黒スキニー最強!!」とか「ユニクロの最強なんちゃら~」とか。
なんか好きになれない。

本当に最強なのかもしれない。
が…。
ネット上のコンテンツであれば、数を稼ぐためだけなのかなとも。

何が最強なのか

「コスパ最強!」とかならわかる。
「お買い得ですよ~」みたいな。

ただ、冒頭のようなことは、僕にはわからない。
「ユニクロの~」は、コスパのことを言ってるのかな。
よくあるのが「ユニクロの高見えパンツ!」とか。

「黒スキニー最強」のような、「これ着とけば間違い」みたいなのは、僕は違うと思っている。
最強は人それぞれ違い、そうあるべきだと考えている。

近道?最速?

何でもかんでも、情報頼り。
これが悪いだとか、ダサいという話ではない。

「お洒落になるための本」なんてあったりして…。
近道だとか最速だとか。
僕としては、「そんなもんあってたまるか」って話なんだけど。
あるのかもしれないけど。
まぁ、お洒落に見られたいだけなら、最高の教材だと思う。

しかし、これに頼ってしまえば、当然、得られないことがある。

自分の最強

ゲームのチートみたいなね。
強いけど、中身空っぽ。
経験値は0に等しい。
近道して楽したんだから、当たり前。

そんな人に、「黒スキニー最強!」なんて語られても…。
それは本当に、自分にとっての最強なのか。
流行ってるだけじゃない?

あーでもないこーでもないって、試行錯誤を楽しんできた人は、自分にとっての最強があるはず。
僕だって、ダサいと言われることもあるような服が、自分の最強だったりする。
だからこそ、僕は人に「〇〇は最強だ!」なんて言うのは、ナンセンスだと思ってる。

最後に

色々試した結果、今、量産型と言われてしまうような服装が似合い、好きなら、それでいいと思う。
チート使った量産型とは、訳が違うからだ。

「好きな服を~」なんてことを言う人も、よくいるけど。
そうだとは思うけど、これだけで済ましちゃうのは、何だかな。
と言うのも、「好きな服着てればいいんだよ!」とか偉そうに言うわりに、ファッションに大して興味がない知人がいたから。
これで、逃げれちゃうんだよね。
加えて、「ジップパーカーダサい」とか「ダウンダサい」とか。

「黒スキニー最強!」とか言っちゃう人も、同じ類の人間なんじゃないかな。
おっさんが穿いてるようなデニムはダサいとかさ。

スポンサードリンク