シャツの上にシャツを着るのってダサい?

○○ってダサい?

襟付きのシャツの上に、さらに、襟付きシャツを着る。例えば、ポロシャツの上に、長袖シャツを着る。
こんな服装が、襟が2つあるように見えてしまい、ダサいように思った。

今日は、こんな服装について、考えてみた。

襟が2つある服装!


こんな感じ。
冒頭に書いたように、ポロシャツの上に、長袖シャツを着た、服装にしてみた。

“ダブルフード”ならぬ、”ダブルカラー(襟)”とでも、名付けたいところだが、そこは、違うのかな(笑)

イラストで見ると、普通の服装だけど、実際に見ると、襟元に違和感を覚えるかも。
そんな、服装。

コートならあり!

例えば、ステンカラーコート!
ステンカラーコートの襟の形状は、シャツのような襟

でも、中にシャツを着たって、何の違和感もない。
ステンカラーコートなら、スーツの上から、着るわけだしね!

襟付きの服の上に、襟付きの服を着るのが、ダサいのではない。
襟付きシャツの上に、襟付きシャツを着るのが、ダサい!

まとめ

コートの襟と、シャツの襟とで、襟が2つなら、何も問題はない。

ダサいのは、襟付きシャツ×襟付きシャツ。
シャツの上にシャツを着るなら、上に着るシャツは、ノーカラーやバンドカラーなど、襟なしのシャツを着たほうが良い。

「絶対にありえない!」ってほどではないものの、おしゃれに無頓着な人は、避けたほうが良い。
襟×襟を着こなすのは、難易度かも…!?

スポンサードリンク