服のシルエットの良し悪しは値段で決まる!?

特集

良い服の判断基準として、シルエットの良さがある。
値段の高いブランドものほど、着たときのシルエットがいいのか…?

今日はこの、”服のシルエット”について、僕の考えを書きたいと思う。

時代によって変わる良いシルエット

良いシルエットとは、その時のトレンドによって、変わるのでないか。
昔は、きれいなシルエットだと思って買った服も、今見ると、どこか古臭く見えたりするのではないだろうか。

僕が学生の頃の良いシルエット

僕が学生の頃なんかは、とにかく、タイトな服に人気があった。
アームホールもかなり細く、身幅も締まっている。
アウターであれば、着丈の短い、タイトなPコート。

こんなシルエットは、ユニクロやGU、セレクトショップのオリジナルものでは、出せなかった。
よって、ドメスティックブランドに、手を出すことになる。

現在の良いシルエット

現在はというと、僕が学生の頃とはではないか。

ビッグシルエットだとか、ドロップショルダーの服が人気。
アウターでも、オーバーコートが人気だったり。
大き目の、ゆったりシルエットが人気。

“ただ大きいだけではない”ものが、シルエットが良いとされるのだろう。

パンツのシルエットは、スキニーかワイドパンツと、極端。

そして、ドメスティックブランドより、”ファストファッション”だとか”プチプラ”の時代。
とにかく安いトレンドものが、人気を博している。

僕が思う良いシルエット

服のシルエットの良さとは、人それぞれ異なるものだと考える。

自分の話をすれば、レイジブルーとウィゴーのトップスとアウターは、なんだか、パッとしなかった。
これは、決して、低価格だからではない。
僕が求める、”良いシルエット”ではないだけ。シルエットが悪いわけでもない。
僕の身体には、しっくりこないのだ。

先述の学生の頃の話であれば、当時、着ている人の多かった、ラウンジリザードの服は、僕にとっては、良いシルエットではなかった。

僕が考える、シルエットの良い服とは、自分の身体に合う服。
ショッピングモールなんかで、投げ売りされている、ノーブランドの服が、身体に合えば、それは僕にとって、シルエットの良い服。

よって、「ブランド物はシルエットがいい!」なんていうのは、僕からしてみたら、ナンセンスだ。
人それぞれブランドに求めるものは、違って当然なんだけどね。
学生時代の友人に、「ブランドもん着てると、優越感に浸れる」みたいなことを言い出す奴もいたくらいだから(笑)

最後に

自身の経験を踏まえて、僕は、”自分の身体に合う服”を着ることを、薦めている。

「憧れのあの人が着てるから…!」って理由で、同じ服を着るのは、ファッションの楽しみ方としては、いいと思うけど。

スポンサードリンク