【2020年】そろそろVネックもアリ?まだ古臭さは感じるか

ファッションについて , ,

VネックのTシャツと言うと、どうしても古臭さを感じる。
過去のお洒落と言うのか、一時的に人気があったのだ。

しかし、僕は好きな服だった。
そろそろ着ようか、着たいと思うことがあった。

Vネックばかり着ていた

もう何年も前。
Vネックばかり着ていた。
なんて話は、よくしてきた。

早いもので、もう10年近く前の話である。
狂ったようにVネックばかり。
一枚で着るTシャツも。
インナーも。
ニットも。

トレンドに流されたのか、いつの間にか着なくなる。
まぁ、好きでもなくなった。
ついこの間までは。

そろそろ着たい

ふと思った。
「Vネック着たいな」と。
「そろそろアリなんじゃないかな」とか。
何がアリなのか、わからないけれど。
トレンドがどうこうってことではなく、自分的にってことかな。

好きではなくなったのはあるのだが、どこかで「Vネックはダサい」という意識があった。
おっさんくさいと言うのか…。
とは言っても、僕はもう立派なおっさんだ。
流行りの服装をする年齢でもなくなってきたのだ。
そもそも、そんな服装は好きではない。

何と言うか、ベーシック?
ベーシックは、クルーネックだろうけど、自分の中の定番。
その中にあるのが、Vネックの無地Tだった。
決して、今のお洒落には見えないが、そんなことはどうだっていい。
ダサかったとしても、これが自分の定番。
スタイルである。

Vネックはアリなのか

トレンドを追ってたり、お洒落に見られたいって人からすれば、ナシでしょう。
そういった人は、そういう服装をしてればいい。
お手本はたくさんある。
簡単。

決してお洒落ではなく、普通。
ダサい寄りかもしれない。
ましてや、僕が言うVネックTは、オーバーサイズなどでもない。
ジャストサイズだ。

今の僕は、アリかナシかなんてないようなもの。
人には絶対にすすめない。
ナシ。

最後に

オーバーサイズの黒Tを着て感じる、俺はこれじゃない感。
これはこれでいいんだけど。

最近は、戻ってきた感じ。
Vネックまでいくと、戻り過ぎなのか。
それでも、やっぱり、自分らしさってのが大事なんだと思う。

スポンサードリンク