ステンカラーコートの中にシャツを着るときれいめ過ぎる?

アウター

チェスターコートより、フォーマルであり、スーツに合いそうなステンカラーコート。
そんな、ステンカラーコートを普段着るときに、中にシャツを着ると、きれいめ過ぎる?

ステンカラーコートとシャツの服装


普通にお洒落な服装ですね。
今年は、大き目なフリースやボアブルゾンなんかに人気があるものの、ここ数年、ステンカラーコートは人気で、カジュアルにデザインされたものならば、今っぽい服装ができる。

今回もこのステンカラーコートの中に、シャツを着た時の服装について、考えてみる。

襟が二つ

ステンカラーコートは、ぱっと見はシャツのようなデザインのコート。
シャツのような襟をしている。

そのため、中にシャツを着れば、襟が二つあり、首元がごちゃごちゃとする。
フードが二つになるダブルフードもダサいなんて言われるし、これもダサいのか?

おかしな着こなしではない

襟が二つあったって、着こなしに関して言えば、おかしいなんてことはないですね。
デザインにもよるが、スーツの上に着られるコートだし、シャツが合わないわけがない。

襟が二つになる問題に関しては、気にする必要は全くない。
気にすべきことは、シャツを着たことによって、服装がきれい目過ぎになることだ。

きれいめすぎる?

おかしな着こなしではないが、普段着ると考えると、きれいめすぎるようにも思う。
この服装に何か問題があるとするのならば、これだ。

ステンカラーコートといえば、ビジネス用で撥水素材の生地に、ライナーが付いてるものが思い浮かぶ。

最近は、人気があることから、メルトン地であったり、薄いさらっとした素材、シルエットがトレンド仕様だったりと様々。
これらのようなステンカラーコートであれば、シャツを着るときれいめ過ぎるなんて考えなくていいだろう。
ステンカラーコート自体が、カジュアルな仕様のため。

しかし、前者のようなビジネス向きのものであれば、シャツを着ると、フォーマル寄りになるため、普段着るときは、着こなしを考える必要がある。

最後に

僕自身が、どちらかというとビジネス向きなステンカラーコートを、よく着ている時期があって。
イラストみたいに、白シャツ黒パンの服装をすると、仕事っぽいとか老けて見えるとか、散々言われたことがあった。

老けて見えるって言われてもね…。
ファッションに興味を持ち始めて約15年。
このブログを開設してから5年。

…もうおっさんですわ(笑)

スポンサードリンク