好きな服や着たい服が似合わない。それでもその服を着るか

ファッションについて

憧れのあの人と同じ服を着たい。
自分好みのあの服を着たい。

でも、自分でもわかるくらいに、その服は似合わない。
自分に似合う服は、自分が着たい服ではない。
それでも、その服を着るか。

“似合う”は変わる

年を取れば、似合う服が変わる。
体型が変わっても、似合う服が変わる。
髪形を変えただけも、似合う服が変わる。

当たり前のことなのだが、今の僕はこれらを身をもって経験している。
特に年齢…。

似合う服は変わっても、好きな服は変わらない。
そうなると、“好き”と“似合う”が喧嘩してしまう。

好きな服が似合わない

今の僕は昔から好きだった服が、似合わない。
しっくりこないのだ。

よく挙げている、黒のカーディガンである。


「やっぱり黒のカーディガンだな」なんて思って書いた記事だが、昔ほどしっくりはきてない。

前回の記事で書いたように、好きな服を着るのはお洒落である。
それが似合ってなくとも。


人それぞれであるが、トレンドばかり気にするよりは、自分の好きを着るファッションが、僕はお洒落であると思う。

そんな考えもあるのだが、自分のファッションとしては似合う服を着たい。

似合わない好きは着ない

最近の僕は、似合わない好きな服は着てない。
その好きな服とは、黒のカーディガンのような昔から好きな服。
今の僕には似合わないからだ。

僕は、“好き”より“似合う”を優先する。
どれだけ好きであっても、似合ってなければどうにもならない。
好きな服であっても、似合ってなければ着たときの喜びのようなわくわく感はない。
似合ってないと、好きになれないとも言える。

昔からの“好き”は捨てつつある。
僕の好きな服とは、今の自分に似合う服のようだ。

最後に

あくまでも、僕の考えである。
好きな服、着たい服を着るべきです。
でも、僕は…ってことを書いた。

僕は、自分らしさだとか個性は、ブランドだとか派手なデザインで出したくない。
似合う服を着て、それを出したい。
無地のTシャツであったって、似合っている人のほうが輝くはずだ。

ただ好きな服を着るだけでは、僕はファッションを楽しめない。

スポンサードリンク