僕は服が好きではないのだろうか【2020.8】

僕のファッション

と、たまに思うことがある。
今までも、書いたことがあるはず。

もちろん、好きではあるんだけど、お洒落したいわけではない?
僕は、少し特殊な服好きなのかもしれない。

服のことを考えない時期

最近、服のことをあまり考えてない。
更新頻度が低いのも、そのためである。

考えていることと言えば、これくらい。
理想(普通)のサーマルカットソーを求めて
僕にとってちょうどいいサーマルはないかなと。
普通のがいいけど、普通がなかなかないって話。
これも、まぁいいかなって感じになってしまった。

服のことを考えてない時期である。
お洒落っぽい服装もしてない。
過去にも何度かこんなことが。
「自分はそこまで服が好きではないのかな」と思うことも。

今の僕の「服好き」とは

相変わらず、服は好き。
でも、お洒落はしてない。
よく言ってるけど、モノとして、服が好き。
これを服好きと言うのかは、わからないが。

例えば、Tシャツを、洗濯して、干して、畳んで…。
この作業。
畳んだTシャツをしまって、「やっぱり服っていいな」と。
モノとして。

もちろん、全ての服がいいなと思えるわけではない。
いいなと思える服がある。
デザインとかサイズ感ではなく、生地の感じ。
素材。
着てみて、しっくりことないダメなんだけど。

インプットしてない

こんな感じに好きではあるんだけど。
何なんだろう…インプット不足みたいな感じなのかな。

まず、服を見ることが減った。
ファッション雑誌はもちろん、ファッション系の動画だとかブログとかも。
こういったところから刺激を受けるんだけど、それがまるでない。
インプットしてない、しようともしない。

ブログの記事も書けないはずだ。
最近、日記のような記事が多いのも、これのせい。
しなきゃいけないことではないけど、今までしてたことをしなくなった。

最後に

ファッション以外の趣味に夢中になっている。
そういう時期。
今日は、たまたま自分の好きなファッションを語ってる人の動画を、YouTubeで見た。
ひたすら“好き”を語る、ファッション系の動画が好き。
面白かったし、久々に刺激を受けた。

それでもファッションは、いつも頭のどこかにいる。
「もう、どうでもいいや」とはならない。
考えたり、インプットなりが減っただけ。

「欲しいな」と思う服は、いくつかあるんだけど。
なかなか、ポンっと買えないと言うか。
安くても、高くても。
学生の頃のようにはいかないね。

スポンサードリンク