スキニーもテーパードパンツ?定義やサイズ感の違い

○○とは?

テーパードの意味を知ると、「スキニーもテーパードパンツ?」と思う人がいるだろう。

スキニーとテーパード。
一体どのようなパンツのことなのか。

スキニーパンツとテーパードパンツを区別する定義やサイズの違いはあるのか。

テーパードとは

まず初めに、テーパードとは。
taperedとは、先にいくにつれて細くなることを言う。

これを踏まえて、テーパードパンツとは、何なのか。

テーパードパンツとは

テーパードパンツの商品名で売られるパンツは、ヒップやわたり幅、脹脛にも余裕のあるパンツ。
そして、テーパードの名のとおり、裾幅が絞られている。
メンズであれば、裾幅は17cm~18cmくらいか。
最近の弱いテーパードがかかってるワイドパンツなんかだと、もう少しあるかもしれない。
タイトなテーパードパンツなら、これくらいだろう。

ストレートや裾の広がるブーツカット以外のパンツはテーパードしてるといえる。

こんなことは今更感がある。
服が好きな人なら、知ってることだろう。
今回は「それなら、スキニーもテーパードパンツでは?」という話をしてみる。

スキニーもテーパードしてる!

スキニーパンツも裾に向かうにつれて細くなっているので、テーパードパンツと言えてしまう。
違いは、先ほどのテーパードパンツとは違い、ヒップやわたり幅は身体にぴったりとフィットする。

そのスキニーによって細さも違えば、テーパードの具合も異なる。
僕が持ってるスキニーは、裾幅が15.5cmとテーパードが弱い。
最近のスキニーパンツであれば、15cm以下のものが多いだろう。

このようにスキニーパンツもテーパードしているのだ。
それでも、スキニーはスキニー。
テーパードパンツと言われることはない。

定義

考え方的には、どちらもテーパードパンツと言えてしまう。
しかし、スキニーはスキニー。
どのように区別するか、その定義とは。

それは、やはりフィット感。
ヒップ、わたり、脹脛のフィット感。
余裕があれば、テーパードパンツ。
身体にフィットしてれば、スキニーパンツ。

僕はこんな感じに認識している。
他の考え方があるかもしれないが、間違いではないはず。

最後に

服好きな人からすれば、説明するまでもないことだろう。
そうではない人に、「この黒スキニー、テーパード弱いんだよね」なんて言っても、「…?」だと思う。

何年も前から、ストレートよりテーパードが主流となりつつあるので、知っておいて損はないと思います。

スポンサードリンク