定番の服装と量産型の服装の違いって?どっちがダサい?

特集

多くの人が着てる服を、定番ということもあれば、量産型なんていうこともある。
果たして、この二つに大きな違いはあるのか。

そして、ダサいのはどちらなのか考えた。

白Tと黒パンツの服装で定番と量産型


どちらも白いTシャツに黒いパンツの服装。

こんなイラストでも、服のシルエットに違いがあることは、わかってもらえると思います。
左は、ジャストサイズのTシャツに、ストレートのパンツ。右は、ビッグシルエットのTシャツに、スキニーパンツ。

さて、どちらが定番で、どちらが量産型?

定番と量産型の違い

よくいわれる量産型ファッションというのは、全身をトレンドでまとめたような服装。それでいて、ありきたり。
同じような服装をしてる大学生を指して、使われることが多い。
さっきのイラストでいうと、右側が量産型ファッションということなる。

定番はそのままですね。トレンドではないが、ファッションとして今もあり続ける服装。

どちらも、ありきたりであることに違いはないが、量産型というのは、ファッションにおいて、あまりいい響きではない。
どうしても、ダサいイメージがつく。なぜなのかは、これから書く。

これは、持論なので、間違っている可能性も十分にある。
と、いうよりは、正解があるとは思えない。

人によって異なる定番

僕の考えを書けば、定番は人によって異なると考えている。トレンドの量産型といわれるようなファッションも、その人にとっては、定番かもしれない。

定番が量産型へ?ドクターマーチン 3ホール

僕は5年以上前からドクターマーチンの3ホールを愛用していて、自分の中での定番だった。
しかし、数年前からトレンドとなり、お洒落大学生の必須アイテムに。ドクターマーチンの3ホールを履いてる若者を見て「量産型だ」と思う人はいるはず。
どんなに若者の間で流行ろうと、「ドクターマーチンは定番だ」と考える人もいる。

人によって、定番や量産型は異なるのだ。

ストレートパンツ

次に、ストレートパンツで考える。

リーバイスの501やディッキーズの874。
これらを、定番と捉える人は多いはず。
しかし、今の若者からしたらどうだろうか。穿いたことがない人のほうが多いだろう。穿いたことのないものを、定番と思うことはないはず。

歴史があるから、なんとなくで「これは定番だ」なんて捉える人もいる
かもしれないが。

どっちがお洒落でどっちがダサい?

さっきのイラストで、どちらがお洒落でどちらがダサいのか考えてみよう。

左側の服装は、定番というくらいだから、普通だ。
余程、似合っていない限り、お洒落には見えない。

右側のトレンドの服装は、誰が着ても、今っぽさを感じられ、それなりに見える。
しかし、いくらトレンドの服を身にまとっていたって、似合ってなければダサいのだ。
さっき「量産型ファッションにはダサいイメージがつく」と書いたが、これが原因だと僕は考える。

同じマネキンがイラストの二つの服装を着ていて、どちらがダサいかというのなら、定番のほうなのだろう。一般的には、トレンドの服装が、今のお洒落なのだ。

最後に

面白いのは、量産型ファッションといわれるような服装に、ドクターマーチンの3ホールが入ってること。

記事中でも触れたが、学生の頃、マーチンの3ホールを履いてた。
周りに履いてる人はほとんどいなく、個性として取り入れていた。
“学生の頃”と言っても、何十年も前の話じゃないんですよ(笑)

それが、ここ数年で…。
トレンドになることはあっても、まさか、ここまで広まるとは。

定番もここまで広まると量産型。
量産型となったドクターマーチン3ホールは、僕にはお洒落に見えない。
それどころか、何だかダサい。

僕にとっての、定番と量産型はこんな感じ。

スポンサードリンク