量産型とは言わせない!トレンチコートで”脱”量産型!

アウター

チェスターコートやステンカラーコートでは、何かと、量産型といわれる服装になりがち。
そこで、トレンチコートをキレイ目に着る、コーディネートを考えてみた。

キレイめを徹底!


一見、普通な感じのサラリーマンにも見えがちだけど(笑)、そこは、アンクル丈パンツで差別化!
チラッと見える、ソックスはブラックで。人気のホワイトやレッドだと、一気に、量産型感が増す。

中に、パーカーを着こみたいところだけど、今回はパス。
キレイ目を徹底し、脱量産型を図った。

コンセプトは脱量産型!

トレンドの、オーバーコートや黒スキニーを、避けたスタイル。
もちろん、トレンチコートのサイズは、流行りの大き目シルエットではなく、ジャストで。

フォーマルよりになってしまったのは、コンセプトを、脱量産型としたため。
パンツをデニムにするか悩んだけど、そうすると、少し前の、量産型スタイルになり兼ねない。
そんなわけで、黒のテーパードパンツとなった。

「キメすぎじゃない!?」なんて思う人は、シャツではなく、白のカットソーやニットを着よう。
パーカーでのカジュアルダウンは避け、白インナーで、シンプルに着こなすことを薦める。

最後に

着る人を選ぶ服装だと思うけど、それなりに身長が合って、細身であれば、大丈夫なはず。

全身をトレンドアイテムで固め、友達と同じような服装をしてる大学生!
たまには、こんな服装も、いかがですか。
まぁ、“量産型”と呼ばれるスタイルが、その時一番おしゃれなスタイルなんだろうけどね。

彼女と、ちょっといいレストランに行くときなんかに、いいんじゃないかな…。

スポンサードリンク