トレンドなんてどうでもいい。情報に振り回される今のファッション

ファッションについて

最近の僕の服装と言えば、トレンドで見るとダサいだろう。

しかし、好きな服装である。
街ゆく、そこらの人よりかは、似合ってる服装をしてる自信がある。

トレンドとか、どうでも良くない?

トレンドなんてどうでもいい

「どうでもいい」とまで言うと、言い過ぎかもしれない。
僕は、トレンドを気にせずに服を選ぶ。

お洒落に見られたいのなら、気にする必要はあるだろう。
女子ウケだとか何とかを気にするのなら。
僕は、気にしない。
お洒落に見られたいわけではない、好きな服、似合う服を着たいから。
あまりにも古臭い服装は避けるが、気にする必要がないのだ。

どちらがお洒落かと言えば、トレンドに流されたような服装。
いわゆる量産型大学生のような服装のほうが、パッ見はお洒落であり、多くの人がお洒落と思う。

が、これを本当のお洒落としてしまっていいのか。
トレンドに流され、振り回されてるだけ。
これもお洒落はお洒落なのだが、これをファッションとしてしまうと、実につまらないと、僕は思う。

なぜトレンドに振り回されるか

今の時代、とにかく情報が多い。
ファッション雑誌だけではなくなった。
インスタにWEAR、あたかもモデルのように写真を撮り、誰でもコーディネートをアップロード。
そして、ファッションインフルエンサーなどと呼ばれる時代。

お手本が多いのは良いことだ。
しかも、そのお手本は素人に限りなく近い。
身近な存在なのだ。
だからこそ、真似もしやすい…と思ってしまう。

この情報の多さが、量産型大学生を、さらに量産させる。

お洒落だけどダサい量産型

そんな、真似しただけのファッションが、量産型と言われる。
さらに、お洒落をしている、お洒落に見えるのに、一部ではダサいと言われる。
僕はこういったファッションを、お洒落だけどダサいと表現している。

服装は、お洒落に見える。
僕なんかと比べればかなりお洒落で、女子ウケ抜群だろう。
それでも、トレンドに流されてるだけのファッションはダサい。

情報に流される今のファッション

プチプラどうこうがダサいってことではない。
むしろ、これはいいと思ってる。
これもまた時代である。

そんなことは、今回はどうでも良くて。
言いたいことは、本当にそれ好きなのって。
何かの記事で書いたけど、なんとなーくCT70履いてる感じとか。
大して、好きじゃないだろって。
まぁ、「お前にそんなこと関係ないだろ」って、話になるんだけど。
そう見えてしまう服装なのである。
だから、ダサいと言われてしまう。
マーチンも同じ。

最近の大学生は、そういうのが多すぎる。
僕が学生の頃より、明らかに多い。
これはやはり、多すぎる情報によるものだろう。
これを今のファッションと言うのなら、それまでだ。
僕はただの頑固おやじ。
これはこれでダサい。

最後に

トレンドに振り回される、ハイブランドの服を買う。
こんなことは、やろうと思えば誰だってできる。
だから、僕はドメブラに興味がなくなり、トレンドも気にしなくなった。
中学生の頃から、ずっと憧れのミュージシャンの真似もしなくなった。

「もっと自分を」ということ。
好きな服、似合う服を。
最近は、好きより似合うかな。
自分が生きてる服装。
そんな服装であれば、たとえ量産されたとしても、自分は量産型ではない自分である。

スポンサードリンク