「トレンドを取り入れる」ということ。量産型はお洒落だけどつまらない

ファッションについて, 僕のファッション

トレンドを取り入れることはお洒落である。
しかし、量産型ファッションとなってしまえば、ダサいと言われることも。

量産型を避け、我が道を行くと、ダサくなってしまうこともある。
僕だ。

なぜ、今さらこんなことを?

「なぜ、今さらこんなことを書くのか」と。
それは、これによるもの。
【ダサ過ぎる服装】外出してから自分の服装がダサ過ぎることに気づく
しばらくは、このネタを引きずると思う。
大して読まれないだろうけど、自分の記録として。
ただの日記。

トレンドを避け、ダサいへ

なぜ、こんなにもダサくなったかと言えば、トレンドを避けていたから。
あとは、似合ってない、服自体がお洒落ではない、ダサい。
着こなせてない。
全てのダサいである。
あるのは、こだわり。
好きな服だった。
ダサくても、それでいい気がするんだけどね。

それでも、もう少し似合う服を…。
そんなわけで試行錯誤。
いつも以上に。
夜になる頃には、頭痛になるほど。
結局、一着買ってしまった。

トレンドを着てみる

僕の好みではない、若干オーバーサイズ気味のアウターを買った。
トレンドなのはサイズ感だけで、デザインは割と僕好みなんだけど。
それでも、すぐに飽きそうだから、かなりお安いのを選んだ。

着てみると、やっぱりお洒落っぽくは見える。
黒スキニーではないけど、細めの黒いパンツを合わせてみれば、正にそれ。
量産型大学生ファッションっぽい。
パッと見はお洒落。

パッと見てお洒落に見える自分と、パッと見てダサく見える自分。
「どっちがダサいのか」ってことを考えていた。

これでいいのか

これでいいのか…ダメだ、いいわけがない。
冷静に考えれば、買うまでもなかった。

程よく、トレンドを取り入れるくらいのことはできたはずだ。
こんな記事も書いたけど。
黒いパンツは良くも悪くも大学生っぽい!黒スキニーにワイドパンツ
黒いパンツは、昔から好きで。
だからこそ、書いた記事。
スキニーもワイドも穿かないけど、細めの黒を好んで穿く。
遠目で見れば、黒スキニー。
マーチンも好き、8ホールだけど。

ここら辺は、10年前くらいからブレてない。
だからこそ、黒いパンツだろうと、量産型っぽく見せない着こなしができる。
3ホールだと厳しいけど。

それが上半身、トップス、さらにアウターとなるとできない。
特別、好きな服っていうのがなくなった。
黒シャツとかジャケットなのかな。

最後に

量産型っぽくはなれないのが、僕だった。
安いトレンドアウターを買って、わかった。
いや、わかってたことなんだけど。

流行りの服買って「はい、お洒落!」みたいのは、つまらない。
わかってたことを、わざわざ実感した。
それくらい、迷走していた。

「もうブレるな」みたいなことを書いたけど、5年後も10年後もこんなことを書いてると思う。
完全に定まって、そこで止まってしまうのも違うと思ってきた。
ダサかった僕は、止まってたのだろう。
動くことは、トレンド追うことだけではないということだ。

スポンサードリンク