最近のシングルライダースはもはやライダースじゃない

アウター

今トレンドのアウターとして挙げられるのが、シングルのライダース。
そのライダースのデザインが、シンプルすぎて、ライダースに見えないことを、取り上げてみる。

最近のシングルライダース


こんな感じ。
イラストじゃ伝わらないだろうけど、ZOZOTOWNとかWEARから、画像の転載はしたくないから、許して(笑)

こんなライダースは、だいたい2~3万円程度で、買えてしまう。
安いからどうのこうのって話でなく、デザインの問題ね。むしろ、本革のライダースが、この値段で買えるなんて、良い時代になったものだ。

で…問題は、このシンプルすぎるデザインだ。

シンプルすぎるデザイン

これはこれでいいんだけど、これが、ライダース…?
あまりにもデザインに捻りがない。

基本的にシンプルなデザインのものが好きだけど、これに限って言えば、何か違う。

ライダースって、もう少し、良い意味でごちゃごちゃとしていて、無骨さを感じられるはず。

これは、現在のトレンドに合わせてデザインされた、シングルライダースであって、本来の姿でないのだ。

一種のトレンドであって、それが終われば、ショートダッフルと同じような扱いになる恐れがある。

最後に

特別、ライダースにこだわりを持っているわけでない。
こだわりを持ってない、僕でさえも、最近のシングルライダースには、違和感を持つと言うことだ。

一生モノとして、自分だけの味を出していけるような、ライダースではない。
味は出ても、長く着ることはできないだろう。

スポンサードリンク