「浮いた服装」が最もダサい。その場に応じた服選びを

特集

どれだけ着飾ったって、ダサくなってしまうことがある。

その場に応じた、服を選ぶことができないといけない。
これができない人は、派手な個性派ファッションには、手を出すべきではない。

その場に合った服装

僕は都会から少し離れた、郊外に住んでる。
やり過ぎたお洒落は浮いてしまう地域だ。

大学生で言えば、白Tに黒スキニー、ナイキのスニーカーみたい感じ。
こういったファッションが馴染む。
お洒落をするなら、これくらいがちょうどいい。
これが、マーチンだと何かが違う。
何てことないスニーカーを選ぶのが、郊外らしい。

普通な感じの、無難な服装が馴染む。
大学生の白Tに黒スキニーは、量産型と言われるような服装でもあるが、こういった意味ではお洒落である。

浮いたら終わり

ある日、友人と歩いてると、個性ぶっ放してるような服装の人がいて。
友人が「すげえな!」と。
僕はその前から、かなり浮いてるその人が視界に入っていた。
…目立つんです。悪目立ちです。

浮いてしまっては、そのお洒落はお洒落ではなくなる。
その場に応じた服を選べてない時点で、ダサいのだ。

都会のお洒落な街へ行くのなら、いい。
でも、ここは違う。
派手な個性派ファッションをするのなら、その辺りを考慮しなくてはならない。

僕の「無難」は合ってた?

以前、こんな記事を書いた。


最近はグレーの服ばかり着て、無難な服装に逃げているのではないか。
もう少し、尖った服装していいな。
こんなことを書いた。

「もう少し尖った服装を、グレーはもう着ない」は違っていた。
無難すぎるのは考え物だが、浮いた服装と比べれば、よっぽどいい。
グレーが特別似合うわけではないので、正しくは、他の似合う無難を見つけることだった。

「ファッションへの興味が薄れた」って言うのは事実。一時的に。
「もうグレーでいいや」って。

最後に

自分に似合う無難な服を選ぶのが、これから。
また始まります、試行錯誤が。
何だかんだで、色んな服装して楽しんでます。

スタイルが定まったほうがかっこいいと、ずっと思ってたけど、僕には無理でしたね。
「履き潰したスキニーデニムとオールスターが、俺のスタイルだ」なんて思ってたけど…
最近は、これもなんだかなぁ(笑)

見た感じがお洒落な服装は、僕が求めるものではなないようです。
もっと普通に、無難な感じ。

スポンサードリンク