肌着っぽいUネックTシャツとそうでないものの違い

特集

UネックやVネックなどのTシャツは、その開いた首元により、首に圧迫感がなく、真夏なんかに着るのに最適だ。
しかし、その分、ものによっては、肌着に見えてしまう可能性もある。特に、UネックTシャツには、要注意!モノを間違えると、おじさんを通り越して、おじいさんの肌着のように見えてしまう!

今日は、肌着っぽいUネックTシャツと、そうでないものの違いを伝授!

早速、いってみよう!

こんなUネックTシャツはおじいさんの肌着!


これが、おじいさんの肌着っぽい、UネックTシャツ!

注目すべき個所は、Uネックの開き具合
肌着っぽく見えてしまうUネックは、Uが縦に長い。つまり、開き方が深く、幅が狭い。

こんな、Uネックは、完全に肌着。アンダーウェアだ。
絶対に、一まで着てはいけない。

では、一枚で着ていい、おしゃれなUネックTシャツは、あるのだろうか…。

Uネックは浅く!広く!


肌着っぽくないUネック、首元の開き具合が浅く、そして、広いもの!

最近のトレンドのである、ビッグシルエットのTシャツなんかでも、こんなUネックを採用しているものもある。
肌着っぽくないどころか、トレンドっぽささえ、感じることのできる、Uネックだ。

広いとはいっても、ボートネックではないことには、注意したいところ。

まとめ

肌着っぽく見えるUネックは、首元の開き具合が、深く幅が狭いもの。

Uネックに関わらず、Vネックであっても、開き具合が深いものは、良い印象を与えない。

Tシャツの首元に、特にこだわりがない人は、クルーネックの、いたって普通のTシャツを選んでおけば、何も問題ない。
UネックやVネックと比べれば、クルーネックのTシャツが、肌着に見えることは、ほぼほぼないだろう。

あとがき

そんな、僕は、Tシャツの首元の開き具合には、こだわりがある。
この記事を書いたきっかけも、ただただ、僕がUネックTシャツが好きだからだ。

真夏に、首の詰まった、クルーネックTシャツは、着れないタイプで…。首の詰まったTシャツを着るときは、伊達眼鏡やサングラスを、首元にかけて、クルーネックを強引に開ける!(笑)

紹介したような、浅く広いUネックは、なかなか見つからなくて、本当に困る。
あったとしても、先述のとおり、ビッグシルエットだったり、ロング丈だったりと…。ベーシックなUネックは、本当に見つからない!

去年、無印良品で売っていた、UネックTは、僕の中での条件を満たす、最高の品だった。

スポンサードリンク