脱オタクを試みるもダサくなった男の例―V系

ダサい服装

家に引きこもり、ゲームばかりしていた男が、当然、ファッションに手を出す。
そんな、脱オタクファッションの、間違った例を紹介しよう。

間違った脱オタクファッション


光沢のあるシャツに、だぼっとした白パンや、訳のわからないクラッシュ加工デニム、そして、先のとんがった靴。
今じゃ、こんな大学生いないだろうけど、僕の大学には結構いたんです(笑)

こんな服装では、オタクファッションから、脱したとはいえない。
むしろ、これは、ダサい脱オタクファッションなのではないか。

V系っぽい服はかっこいい

僕の友達にも、イラストみたいな服装の男がいたんです。
それこそ、ゲームばかりして、ファッションになんか興味なし。

彼はいつも、赤いチェックの服を着ていた。
寒くなると、またまた赤チェックの、フリースっぽいやつ。それが、着古して、毛玉だらけだったことを、今でも覚えている(笑)

そんな彼が、急に服を買い始める。(多分、好きな子ができた)
聞いたことのない、いかにもV系っぽいお店で。もちろん、ネットでね。

その服を見せられ、「これ、かっこいいよね!?」とか「よくない!?」みたいなことを言われる、日々だった。
僕にもその服たちを薦めてきたが、頑なに断った。

彼みたいなタイプの人間にとって、かっこいい服とは、V系っぽい服のようだ。
自分が、「かっこいい!」って思う服を着ることは、いいことだと思うけど、彼の場合は、何かが違った。

最後に

脱オタクしたつもりが、さらにダサい、脱オタファッションになったパターン。

田舎から出てきて、無理して大学デビューした男も、こんな服装だった。
ゲームのキャラのコスプレみたいな服装してる奴もいたなー。

無理して、見た目を変えようとすると、こういうパターンに陥りやすい。
服装以外では、急に眉毛なくなってたり、急に眩しいほどの金髪になってたりね。

スポンサードリンク