白のオープンカラーシャツってダサい?作業着っぽい!?

○○ってダサい?

流行りのオープンカラーシャツですが、色によってはダサい可能性も。
作業着っぽく見えてしまう恐れがあり、着こなしには、注意が必要だ。

最も、着こなしに注意したい色は、白!

白のオープンカラーシャツの服装


特徴のないシンプルな服装。
イラストでは感じとれないが、白のオープンカラーシャツは、老けて見えることがある。

作業着に使われることもある、オープンカラーは、着こなしに注意しなければならない。

とりあえず、羽織っておけば今っぽく見えそうな、トレンドアイテムだが、服装により、作業着っぽくも見え、老けても見えてしまうシャツだ。

ただ羽織るだけでは作業着

オープンカラーシャツは、普通のシャツより、着こなしが難しいと、考えています。
経験談を話すと、Tシャツとデニムの、何てことのない服装に、オープンカラーシャツを羽織ると、作業着っぽく見えてしまった。

白や黒、ベージュなんかの色だと、こういったパターンに、陥ることが多いだろう。

オープンカラーシャツを着るときは、とことん、トレンドを取り入れた服装にしよう。
他には、柄ものの、オープンカラーシャツを選ぶ。
チェック柄の、オープンカラーシャツなんかは、使いやすくて、お薦め。

白シャツはオープンカラーである必要がない

白シャツは、無駄にデザインを取り入れれば、取り入れるほど、ダサくなると、考えています。


白シャツが、オープンカラーである必要はないし、オープンカラーシャツが、白である必要はない。

シンプルでこそ映える、白シャツに、オープンカラーは、必要ないのだ。
白のオープンカラーシャツ自体はダサいと思わないが、他のカラーよりは、服装が、ダサくなる可能性がある。

最後に

白のオープンカラーシャツは、ダサいというよりは、白である必要はない。
白シャツなら、ベーシックな、襟のシャツを選ぶことを薦める。
オープンカラーシャツなら、黒やトレンドの色が良いだろう。

個人的に、オープンカラーシャツは、あまり好きではない。
一枚で着るのはあまり好きではないが、コートのインナーにするのは好き。
開いた襟がきれいに映り、様になります。

スポンサードリンク