絶対に買わないけど『UNIQLO+J 2021年春夏』をチェックしてみる

雑記

Uに+J。
割と安価で質の良い服が買える。
お洒落な服がほとんど。

こだわりを感じる、セルビッジジーンズなんかもあったりして。
裾を折っちゃえば、わかってる風ファッション?までもできてしまう。

いつもいいとは思うけど、いつも買わない。

+J 2021年春夏 オンラインでチェックしてみた

「これいい!」と思っても、結局買わないのが、僕のユニクロ。
いつもチェックはするけど、これがいつものパターン。
今回も絶対に買わない…はず。

パッと見て、目に留まったのは…
オーバーサイズブルゾン
オーバーサイズステンカラーコート
スーピマコットンリラックスフィットクルーT
セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ

アウター2種は、デザインが好み。
コートは、オーバーサイズ過ぎるかな。
「裏地はメッシュで爽やか。」
…爽やかさ必要ですかね。
Tシャツもいいんだけど、よく見るとスリットが。
詳細を見ると、微妙ってパターンが多かった。
ジーンズは、出るたびにチェックだけはしておく。
ユニクロで買うなら、ブラック。

買うなら…?

ブルゾン…かな?
これだけは、めちゃくちゃ好み。
言うほど、オーバーサイズじゃないし。

それでも、発売日当日に買うってほどではないし…。
うーん。
やっぱり、今回も買わないのかな。

なぜ買わないか

ユニクロの服で「これはこれじゃないとダメ!」っていうのがなかなかない。
ブルゾンには、少し感じたけど。
Uのスウェットパンツとかも良かった。

僕にとってのユニクロの服は、やっぱりライフウェアというのか。
ちょっといい部屋着。
そのまま外出できちゃうような。
ミラクルエアージーンズと、ヒートテックジーンズは、季節ごとに毎日のように穿いてるし。

あとは、インフルエンサー?達が、こぞって紹介する。
「ユニクロのこれ最強!」って。
意地でも買いたくなくなる。
こういう自分はダサいと思うけど。

最後に

いつも思うのが、「これ着れば、今っぽいお洒落ができるな」と。
とにかくお洒落だし、質もいいみたいだし、安い。

そう思いはするけど、「欲しい!」とはならない。
何かこう…グッとくるものがない。
何だかんだで、ブランド主義?
好きなところの服を着たいっていうのはあるよね。