「肩幅が合ってない服のダサさ」について

ファッションについて

トレンドはオーバーサイズ。
もちろん、肩幅も。
肩が落ちてる服が、トレンドのサイズ感。

「肩幅が合ってない」は、サイズが小さい服だけ。
そうではなかった頃の話や、これらのダサさについて。

肩幅が合ってない服

「肩幅が合ってない服」には、二つある。
サイズが小さく肩幅が合ってない。
オーバーサイズで肩が落ちて肩幅が合ってない。

サイズが合ってない服はダサい。
しかし、トレンドはオーバーサイズである。

よって、肩が落ちてるオーバーサイズの服はお洒落になった。
サイズが合ってないのに。
当然、今のトレンドになる前はダサかった。

肩幅がオーバーサイズの服

10年くらい昔の話。

友人と好きなバンドのライブDVDを見てた。
そのバンドの音楽はとてもかっこいいのだが、ギターボーカルであるフロントマンの服装がダサかった。
サイズが合ってないオーバーサイズのTシャツを着てた。
着丈もオーバーサイズであったが、肩幅が合ってないのが特にダサく映った。

それを友人と「ダサい!ダサい!」と笑っていた、
「音楽はかっこいいのに残念だね」と。

サイズが合ってない服はダサかった。

肩幅が合ってない服

肩幅が合ってない服は、サイズが小さい服のみになった。
肩幅がオーバーサイズのTシャツはお洒落とされている。
タイトなTシャツを着る人は、減ったと思う。

サイズが合ってない服は、当然ダサい。

オーバーサイズにしても、合う合わないがあるが、そこら辺のサイズ感には無頓着になってきているような気がする。
例えば、サイズ展開がFreeだけとか。
「とりあえず、大きければいいのか」と、思ってしまう。

最後に

サイズ感とは。
大きな服の中でも、合うサイズがあると思うので。
「とにかく、大きければいい!」みたいなのは、お洒落してるけど無頓着な感じがする。
簡単に、今っぽいお洒落ができるとも言えるが。

Sponsor link
Sponsor link