ジップパーカーの前は開けるべき?閉めるべき?

特集

ジップパーカーの着こなしとして、ジップを開けるか、閉めるか。

随分と印象は変わります。
全部閉めてしまうと、ダサいかも…?

そんなことを、ジップパーカー好きの僕が考えます。

ジップパーカーと僕

まず初めに、僕とジップパーカーについて。

今では考えられませんが、ジップパーカーがお洒落とされてました。
その時代に、僕は中学生だった。
お洒落に興味を持ち始めた頃。

他の記事でも書きましたが、僕の初めてのお洒落はジップパーカーだったんです。
高校生の頃も、大学生の頃も着た。
もちろん、今も。
中学生の頃から、ずっと好きで着てる服と言えば、ジップパーカー。

そんな僕が、今回考えるのはこちら!

ジップは開けるべき?閉めるべき?

ジップパーカーはトレンドではないので、今っぽいお洒落な着こなしなどはない。
僕の考えを書きます。

2005年頃~2006年頃

昔の話をすれば、ダブルジップが人気だった。
僕がファッションに興味を持ち始めた、中学生の頃である。
上下のジップを、ガっと開ける着こなしがありましたね。
真ん中より少し下くらいのところに、二つのジップがある感じ。

ジップを閉める着こなしは、僕の中では、邪道だった。
ダブルジップでは、先ほどのような着こなしをしたり、それ以外は全開だった。

今の話

今でもよくジップパーカーを着る僕。

最近は、半分より少し上位まで閉めて着てます。
一時的に、ハーフジップのパーカーも人気になりましたね。
これを全開くらいの感覚です。

今でも、上まで閉めることは、まずないです。
全部閉めるくらいなら、プルオーバーパーカーを着るべきです。

全部閉めるとダサい?

ダサい着こなしを挙げるとすれば、ジップを上まで全部閉めること。
長年ジップパーカーを好んで着てるが、上まで閉めて着たことはない。

ジップパーカーのジップを上まで閉めたシルエットは、不格好であるように思う。
さっき書いたように、上まで閉めるのなら、プルオーバーパーカーのほうがいい。

ジップの使い方が、ダサいを言うのなら、これしかない。

最後に

「ジップパーカーで、お洒落に」は、なかなか難しいように思う。
でも、僕はそこが好き。

プルオーバーパーカーなら、大き目を選んで着ちゃえば、なんとなくそれっぽくなる。
ジップでは、そうはいかない。
自分らしく着こなせると言うか。

普通であり、最近の大学生っぽくない服。
今の僕が求める服でもあります。
それでいて、昔から好きな服なのだから。
コンバースのオールスターも、同じく昔から好きだが、大学生ファッションに乗っ取られた感が若干ある。