【金がない】ファッションに無頓着になったときの自分の状況

僕のファッション

学生の頃に比べると、ファッションにお金を使わなくなった。
使えなくなったが正しいか。

さらに、時間もなくなり、ファッションに無頓着になったことも。
服を買っても、お洒落をして出かけることがなくなった。

今の状況

タイトルどおりで、自分のことを書いていく。
まずは、今の状況。

無頓着ではないけど、学生の頃のように、服にお金を使えないといった感じ。
使わないでなく、使えない。
好きだったドメブラの服も、もう何年も買ってない…買えない。
もう好きなのかもわからないくらい。
服は好きだけど、特別好きなブランドはなくなった。

ユニクロで十分だけど、全身ユニクロでは満足できない。
でも、金がない。
「したい服装ができない」なんてこともあった。

特に今なんて、服をポンポン買ってる場合ではない。
外出自粛で、お洒落をしてお出かけだってできない。
「服を買う意味がない」とは思わない。
それどころか、色々、買いたい服や靴を我慢してる。
厳しい状況が続きそうだから。

今の僕は、金がない。

金があっても無頓着

金銭に十分な余裕があっても、服を買わなかった時期がある。
大学を卒業して、すぐのこと。

まだ実家住みだったということもあり、金銭的には余裕があった。
でも、服は買ってなかった。
ファッションのことを考えてもなかった。
無頓着。

何がなかったかと言えば、時間
平日はもちろん仕事で、土日は疲れ果てて、家でぐだぐだ。
友達の誘いも断ることが多く、外出する機会が、ほぼなかった。
どんどん無頓着になっていった。

一時的に目覚めたこともあったが、つい数か月前まで無頓着。
【ダサ過ぎる服装】外出してから自分の服装がダサ過ぎることに気づく
「これはアカン!」となり、今に至る。

ピークは十代

前も書いた通り、ピークは中3~高校生くらい。
大学卒業後のダサい僕。高校生の頃がピークだった話と最近の僕
大学生の頃は、色々買い漁って、訳の分からない服装をしてた。

この頃が、最も自分らしく輝いていた。
僕は“好き”を忘れてしまっていた。
当時、好きだった服を買い、着てみると、カッコいいと思う。
この感じを忘れていた。
これが無頓着であり、ダサい服装へと繋がった。
僕の“好き”は、この頃の“好き”だった。

最後に

今は割とファッションを楽しめてると思う。
服のことを考えてることが多い。

出掛けることがなくても、ファッションは楽しめる。
なぜなら、服が好きであり、ファッションが趣味だから。
「外出自粛だから服買う意味がない」なんて思う人は、何年も前の僕と同じ。

スポンサードリンク