こんなメガネは時代遅れでダサい!黒縁ウェリントンはダサい?

○○ってダサい?

ファッションとして、メガネを使う人は多いですね。
そうなると、メガネにもトレンドがあるはず!

メガネのダサいについて考える。
お洒落なウェリントンも、今となっては普通?

お洒落なメガネとは

さて、お洒落なメガネとは、一体どのようなものだろうか。

お洒落とされていたのは、数年前であれば、黒縁メガネ。
形は定番ウェリントン
フレームもテンプルも黒で、太め。
テンプルとは、耳にかける細長い部分のこと。あしともいいますね。

今でもこのメガネをお洒落と言えるのか。

黒縁ウェリントンに注意!

今の時代遅れなメガネは、テンプルが太い黒縁メガネ!
お洒落とされていたメガネは、今では時代を感じるように思う。

太く、黒いと、時代を感じてしまうのだ。
黒縁で、テンプルが太いウェリントンなんかは、ダサい可能性もある
これであれば、眼鏡屋さんに売ってるような、あまりファッション性のない普通のウェリントンのほうがいいだろう。

ウェリントンは定番であるが、当時のトレンドが取り入れられたデザインには注意が必要だ。

メガネのトレンドは?

では、今のメガネのトレンドは?

今は、テンプルが細いのが人気。
テンプルが、ゴールドのものを、多く見かける。

だからこそ、テンプルの太い黒縁メガネは、古臭く見えてしまうのだろう

最後に

時代遅れなダサいメガネは、テンプルが太い黒縁メガネ。
服ほど、メガネのトレンドなんて気にしない人が多いだろうけど、メガネひとつで、印象は大きく変わる。

実は、僕も、このテンプルが太い黒縁メガネを、つい最近まで使っていた。
特にこれが好きだったわけでもないので、テンプルが細いメガネに買い替えた。

テンプルが細いのも、何年か後には、ダサくなるんだろうけど。
僕はもう飽きました(笑)
眼鏡屋さんでベーシックなデザインのものを購入することを薦めます。

スポンサードリンク