501を穿けなくなった僕。チノパンの履き心地が好きになった話

僕のファッション

ここ数年、ストレッチジーンズばかり履いてた。
最近になって、綿100のチノパンを穿いてみると、意外と穿きやすい。

ジーンズは断念したが、チノパンはいける!
僕はチノの履き心地が好きみたいだ。

501を穿けなくなった僕

学生の頃は、リーバイスの501が好きで、よく穿いていた。
当時出ていた、08501というモデルを何本か買って、穿き回してた。
501なんで、もちろん、ストレッチなんてない。
この時は、穿きづらさなど感じずに履いていたと思う。

ところが、僕が最後に501を穿いたのは、2年くらい前。
最近はもう履いてないんです。

あれは501CTという、テーパードシルエットの501だった。
こちらも、ストレッチなし。
この頃は、ストレッチジーンズに慣れてしまっていたのだった。
ユニクロのを何本か買って、穿いていて。
501CTは、気に入って穿いていたのだが、窮屈に感じるようになり、穿かなくなる。

綿100%のチノパンとの出会い

これまた学生の頃の話。
ディッキーズもよく穿いていて、生地がかなり硬いんですね。
この経験もあってか、僕の中では、チノパンは穿きづらいもの。
穿きやすいチノパンは穿いたことがなかった。

あれから何十年も経ち、僕はチノパンとは無縁。
ストレッチジーンズばかり。
あとは、びよんびよんに伸びるイージースラックスみたいなのとか。

501が好きだった僕は、本当はガシガシのパンツが好きなんです。
ジーンズを買おうと思ったことは、何度もある。
でも、ストレッチパンツの楽に慣れてしまってね…。

そんなときに出会ったのが、綿100%のチノパンだった。
ガッシガシの生地ではあるが、501CTほど窮屈に感じなかった。
シルエットの違いもあるのだが、生地の違いも大きい。
「チノの履き心地好きだな」って。
ジーンズよりチノパンの生地が好きなんです。

綿100%のガッシガシのチノパンが好きになりました。

最後に

自分の新たなスタイルが確立された時だった。
ガシガシのチノパン!
「ファッション迷宮入りしてる」なんて記事も書いたが、新たに好きな服が見つかった。
なかなか見つからないものですよ、本当に好きな服って。
「流行ってるから好き!」なんて言うのは、論外です。

チノパンの色はベージュではなく、黒。
ディッキーズ穿いてた頃も、これは同じ。
黒のチノパンを愛していこうと思います。
すぐに飽きる可能性も十分にあります(笑)

スポンサードリンク