夏にニット帽をかぶるのってダサい?

○○ってダサい?

お洒落として、夏でもニット帽をかぶるスタイルがある。
ニット帽といえば、やはり、冬のイメージ。

そんなニット帽を、夏にかぶるのはダサいのか。暑苦しい?
それとも、お洒落?
夏にニット帽をかぶるスタイルについて。

ファッションとしてのニット帽

Tシャツ着て、短パン穿いて、ニット帽。
僕は夏にニット帽はかぶりませんが、夏にニット帽をかぶる人のイメージはこんな感じ。
サングラスもかけてそう。
海外セレブのような服装?

夏にニット帽をかぶるのだから、防寒目的ではない。
ファッションだ。

一つのスタイルであると思うが、夏にニット帽をかぶること自体、ダサくないのだろうか。

夏素材ならOK!

夏にニット帽をかぶるなら、素材に注意するべき。
さすがに、ウールのもっこもこのニット帽は暑苦しいが、そんなのかぶってる人はいないだろう。
これであれば、かぶってる本人が暑くなくても、暑苦しくてダサい。

サマーニットのように、綿や麻の薄手のニット帽であれば、何も問題ないように思う。
かぶってる本人も快適だろう。

服装によっては暑苦しい?

綿や麻の素材であっても、服装によっては暑苦しく見える可能性がある。

短パンではなく長いパンツだと、何だか暑苦しい。
そんな恐れもあるので、Tシャツ、短パン、サンダルのように、思いっきり夏の服装をした上で、ニット帽をかぶることを、僕は薦める。
こんな服装だからこそ、ニット帽がお洒落に見える。

季節に合わない服装というのは、それほどダサいものなのだ。

一般ウケはしない?

多くの人にとっては、ニット帽は寒い季節にかぶるもの。
よって、「なんで、あの人、夏なのにニット帽かぶってんの?」なんて思われる可能性は、十分にある。

僕だって思ってことがあった。
学生の頃、毎日のようにニット帽をかぶっている友達がいて「暑くないの?」なんて聞いたことがあった。
彼にとってそれがファッションだったようだ。

ファッションにこだわりを持つことは、かっこいいことだ。
しかし、人目を気にする人には、薦められない夏の服装ともいえる。

最後に

夏にニット帽をかぶるのは、ちょっぴりヤンチャな人のイメージもある。
最近のトレンドともまた違うから、お洒落に見えるかは、その人次第。

真夏にごわごわのジーンズ穿いて、ブーツ穿いてれば、暑苦しくは見えるけどダサくない。
むしろ、こだわりを感じるかっこいいファッションだ。
夏のニット帽も、こんな感じにこだわりを感じさせることができれば、お洒落なのかもしれない。

スポンサードリンク