「その服かわいい」について。水色のプルオーバーパーカー

ファッションについて

水色プルオーバーパーカーを着てみると、何だかダサい。
僕には、似合わないようだ。

それは、可愛すぎるから。
「可愛すぎる」というのは良い意味ではない。

水色プルオーバーパーカーな服装


何となく、水色のプルオーバーパーカーを買ったことがあった。
水色のパーカーは着たことがなく、「似合わないかな」なんて思いつつ。

着てみると、想像以上に似合わないかった。
水色のパーカーは、爽やかすぎる上に可愛すぎる。
爽やかも可愛いも褒め言葉のようだが、僕の考えとして、メンズファッションにおいてのこの2つのワードはダサいに近い。

メンズファッションにおける、かわいいについて考えてみる。

可愛い

女性の服に「かわいいね」は、褒め言葉だと思う。
メンズファッションにおいては、どうだろうか。
素直に受け止めれば、褒め言葉だ。

僕はこの表現があまり好きではない。
「その服かわいいね!」なんて言われても、褒められてる気がしない。
女性に、「その服かわいいね!」と言われたときは、「それ褒めてるの?」と言い返してしまう(笑)

稀に、男でも「その服かわいいね」を言う人がいる。
一度、言われたことがあり、反応に困ったことがあった。
男性でも、男の服をかわいいと表現する人がいて驚いたからだ。
その時、僕が着てた服は可愛くはなかった。

プルオーバーでさらに可愛さプラス!

水色の服が可愛すぎるということではない。
水色のパーカーが可愛すぎるというわけでもない。

水色のプルオーバーパーカーだから、可愛すぎる。
プルオーバーパーカーは、幼い感じに見える服であると思う。
色や着こなしによるが、水色は特に幼い、可愛い感じになる。

そんな意味で、僕はジップパーカーが好き。
他の時期に書いたが、中学生の頃から着ていて、身体に馴染むというのもあるが。

幼く、可愛い印象になる服は、あまり好きではない。
可愛い感じで、女子ウケが良さそうなニットも苦手。

最後に

「爽やか」については前から触れていたが、「かわいい」にも違和感があった。
言いたいことは、「大人の女性には”かわいい”ではなく”きれい”と言うべき」みたいなことと同じ。

言われて嫌な人はいない。
むしろ、嬉しい。
だけど、違う表現のほうがいいような?
そんな感じです。

Sponsor link
Sponsor link