今さらだけど「黒スキニー」ってなに?

ファッションについて

何かと、黒スキニー黒スキニー黒スキニーな若者。

そもそもなんだけど、黒スキニーってなに?
素材がチノでもデニムでも、全部ひっくるめて黒スキニー?

少しへそ曲がりになって、黒スキニーにツッコんでみる。

はじめに

シルエットがスキニーで、黒いパンツ。
それが黒スキニー。

素材や細かなサイズなどは関係なく、全てひっくるめて黒スキニー。
これが答えなのだと、僕は思っている。

答えは出ているのだが、もう少し黒スキニーである定義があってもいいように思った。

黒スキニーを買ったらスキニーじゃなかった

知人女性の話。
タグに「スキニーパンツ」と書かれた商品を買ったが、スキニーではなかった。

家に着いて履いてみると、テーパードがあまりしてなかった。
どういうことかと言うと、テーパードが弱いと、脹脛に余裕があり、裾幅も広い。
思っていた「黒スキニー」とは違ったという話。

それでも、商品名がスキニーで色が黒だから、黒スキニー?
試着しなかったのが良くなかったが、現物を見せてもらうとスキニーのシルエットではなかった。

裾幅

裾がキュッと細くなっているほど、スキニーに見えるはずだ。

今っぽい服装してる人のスキニーは、14cm代とかなのかな。
裾幅もこれくらい細いのが若者が言う「黒スキニー」。
脹脛までぴちぴちのやつ。

僕が好んで穿いてるのは、15,5cm。
裾幅がこれくらいだと、脹脛にも余裕がある。
これもスキニーとして売られていたが、大学生が穿いてるような黒スキニーには見えない。

デニムでもチノでも

シルエットがスキニーであれば、素材など関係ない。
デニムだろうとチノだろうと、黒スキニー。

サイズもだけど、素材にも定義があったほうがいい。
デニムでもチノでもない、タイツみたいなストレッチ性があって薄いスキニーパンツを、若者は「黒スキニー」と言うみたいな(笑)

実際はデニムのほうが多いのかな?
僕はブラックデニムが好きで。
色の落ちた感じとか。
色落ちしてグレーになっても穿く。
むしろ、それがいい。

「黒スキニー」を穿いてる大学生は、そんな穿き方はしないはず。
色が落ちたらすぐに買い替え。
「味」だとかとは無縁に見えてしまうのが、大学生ファッションだ。

最後に

「黒スキニー」の定義についての話。
「黒スキニーとは言っても、色々あるだろう」と思っていた。
答えはわかってはいたものの、思っていたことを書いてみた。

どれだけテーパードしてるかで、見え方が変わると思う。
僕が穿いてるのも、ヒップやわたり幅はスキニーだけどテーパードが弱いから、大学生な黒スキニーに見えない。
あとは、皆ノークッションだったりアンクル丈だったりするね。

僕は服の細かなサイズとか素材とか大好き人間で(笑)
今回のような記事を書いてしまうのも、このためだろう。

Sponsor link
Sponsor link